イタリアから彩りの風便り


by ayakaze0109
d0092439_734325.jpg
ちょっと季節はずれですが、実家に送った(はず)のクリスマスカード。住所の書き方を間違えて年始にイタリアに帰ってきました。イタリアなのにすごい!って感心しました。また送りましたので的はずれなカードが次こそは届きますよ、おとうさん、おかあさん。あっはっは。

遅ればせながらあけましておめでとうございます!
ついにピティリアーノでのコック生活が終了いたしました。
最後の掃除、1年間の汚れを落とすのは本当に大変でしたが、無事終了!
1年2ヶ月の感謝をこめて、綺麗にしてきました。
今週末のフェスタを残してますが、私は次への準備にとりかかりますよ〜♪
の、前に少し休息ですね。

さて1月9日、30回目の誕生日を迎えました。
30回も誕生日を迎えるとそんなにこの日に執着もないのですが、
そうもほっといてくれない、ありがたきイタリア。
お祝いの思いと言葉と素敵なものを沢山いただきました。
本当にどうもありがとう、とここに書いても、イタリアの友人には伝わらない。
大丈夫、直接言いますから。

とりあえず、30回もこの日を迎えると(しつこいですか)、
自分の日というよりも、両親に感謝する日になりました。
この年になっても世界中ふらふらしている長女をヤキモキしながらほっておいてくれる親に、
そしてこの愛すべき世界を見せてくれてありがとう、と思う。
この世界には沢山の悲しいことや、目を塞ぎたくなる事も多いけど、
それでも、今自分が生を受け、それを十分に生きている事を感謝したい。
2011年は震災もあって、その傷跡を実際に体感した事で、
今生きている事すら奇跡なのだと考えるようになりました。
だから今ある生を大切に、どう生きていくかをちゃんと考えたい。
自分の役割、すべき事、したい事、責任。
それは変わらず持っていたい大切な核の部分。

さて、たまたまといってはなんですが
たまたま1月のはじめに誕生日を迎えると、
「さあ今年は何を目標にしよう」なんて2度も決意できることになります。
そしてその決意をここに書く事で、ちょっとへこたれた時にあぁぁぁと思ういいきっかけになるのです。
だからここに書こうと思います。
基本的に無理矢理にでも3つ考えることにしています。

先に友達とのローマの旅をお伝えしてからその3つの今年の目標を
お伝えいたしたいと思います!ではまた~♪
[PR]
# by ayakaze0109 | 2012-01-13 07:05

2011年初冬

あわわわ。ほんとこのブログ終わったなってきっと思われている方も多いでしょう。
なんとか終わってないつもりなんだけどー。

最近ちょっとフェイスブックにはまってました。
というのも、日本の方でもフェイスブックが広まってきているようで(ですよね?)、
いろんな懐かしい顔を発見して、中には中学生時代から連絡を取ってない人から友達の申請がきたりとか。

でも、最近の精神状態を省みても、
ブログの更新が出来ないときはあまりよくない時なので、
無理矢理にでも更新して行こうと思い返したわけであります。

そうなんです。あんまり調子よくなかったですね。
とにかく夏の疲れが秋になっても残っているような感じ。
体中に疲れがシミのようにひっついてしまったかのように思いました。
疲れは何もかも麻痺させると実感。
去年はあんなにとった写真も今年は殆ど撮る気にならず、
絵を書きたくても、いざ準備すると書く気がおきない。
レシピをまとめたくても、うまく書けない。
旅の計画をたてたくても、行きたい所がまとまらない。
月一のガールズディは働けなくなるほどの痛みが襲ったり。
どうなっちゃったの私の体と心!?!?!?

11月に入ってからは平日の3日ほどお休みになる事が多い
(不確定・・・これもストレス。予定が立てられない)ので、
ゆっくり過ごせているおかげで、少しずつ回復傾向です。
しかし最近はゆっくりしすぎた。これもいかん。バランスである。

さて、前回予告した友人とのローマバカンスは次回にまわすとして、
私の今後の予定をちゃんとアップしときます。
一応このブログは家族・友人に対する情報を伝える場であるのでねー。

今働いているトスカーナ地方のリストランテtufo allegroは、
シェフと話し合った末、今シーズンを終える1月中旬まで働く事になりました。

1月後半はロンドンに友人をたずね、フィンランドにオーロラを見に行ったんねん。

2月は友人たちと1ヶ月ほどインドに行く予定。
といっても、向こうについたら殆ど別行動になる予定だけど(笑)。
なぜなら私はヨガアシュラムに引きこもるから(笑)。

そして3月からは・・・まだ未定ですが、シェフの友達の海辺のレストランで働く予定です。
今シェフに話してもらってますので、確定したら正確にお伝えします。
少なくとも1年は1つのレストランで働かないと、
学ぶ事も学べないので、また1年はいる予定です。だけど予定は未定です。

とりあえずここで働く事ができるのもあと1ヶ月半。
実質お客さんがわっとくるのは、2週間と考えていいでしょう。

この山の中の田舎生活も後少し。
後であれもやっとけばよかった、とか思わないように、
吸収しに走り回りたいと思ってます。
[PR]
# by ayakaze0109 | 2011-12-01 07:13 | diario in italia*日記*
d0092439_745171.jpg

わわわ!11月!11月ですよ!
気づいたら冬時間になっちゃって、もう冬だよー!
最近の近況に関しては、どうしても書きたい事があるから、
それが終わってからにさせていただきます。
今日からすこーしのバカンスです。っていっても2日半やけど。
いいねん、いいねん!やっと連休やー!!ぃやっほー!!
なんでこれまで溜めに溜めまくったネタをご披露いたします!

d0092439_742325.jpg

大学時代46時中一緒に居たと言っても過言ではない大学ボート部の友人こずが
9月末に日本からはるばるイタリアに遊びに来てくれたのでした!
そして彼女がMIXIの日記にその事をステキに紹介してくれていて、
私も嬉しくなって、ステキ日記かいたんねん!って燃えてます。
(彼女の日記はmixiでお友達にならないと読めないので、私のであしからずです)
ちなみにこの2週間後にロンドンから会社時代の後輩が遊びにきてくれて、
そのことをやはりとてもステキにブログに書いていてくれているので、
こちらもアップしていきまーす。

さてローマ。
とはいえ彼女と同じ事書いてもなんなんで、
コネタもちょこちょこはさんで、
今回の充実した旅をお送りしたいと思います。

さて、彼女の旅行の行程は、
ローマ→トスカーナ小都市→フィレンツェ→ベネチアの約一週間!
1ヶ月前から週末以外は休ませて♥ってシェフと交渉してたのだけど、
結局、ローマとトスカーナ小都市の一部のみの同行となったのでした・・・。
く、くやしい・・・!結局普通の休みやん!!
ローマではカンポディフィオーリの市場、ナヴォーナ広場、コロッセオ、フォロロマーノ、真実の口、
2日目はバチカン、トレヴィの泉、スペイン広場にちょっとしたお買い物などなど。
ローマの観光地という観光地は網羅!

1日目は朝5時にシェフに連れられ2時間の行程でローマへ!
とある事情の便乗で一緒につれていってもらったのでした。
「助手席は寝るべからず」の大学時代の教え通り(笑)ちゃんと2時間起きっぱなししゃべりっぱなし。
シェフがおしゃべり好きなのでまあ盛り上がる盛り上がる(笑)。あっという間の二時間。

d0092439_774546.jpg

さて7時過ぎにはローマに付き、朝ご飯を食べてシェフとはお別れ。
8時には彼女のいる、そして私も泊まる予定のホテルへ!
毎回懐かしい友と会うと思うのが、久しぶりな感じなのに久しぶりに感じないこと。
さっきまでのローマの風景が、あっというまに北海道に変わる。
・・・ってそんな事はないんだけど、ローマにいる気がしなくなってくるのだ。

とはいえ、ローマはローマ。
少し歩けば世界遺産のゴロゴロある街。観光しない訳には参りません。
早速いきましょう!とまず向かったのは「花の広場」を意味する「カンポ ディ フィオーリ」。
ここでは朝早くから市場が立っていると、こずが調べてくれていたのだ。
私もその土地その土地の市場が大好きである。

早速バスで向かおうとするものの・・・ここどこ?
軽ーく川を越えて、バチカンまで行ってしまった。
思ったよりローマ小さいんだなー。
いや、なんというかほどよい感じですね。
イタリア在住のくせに首都ローマでバスに乗るのも初めて、地理感もなしな私には
ガイドも務まるはずもなかったんだけど、その事を一緒に楽しんでくれた彼女に感謝。

さて、親切なお姉さんにおりるべき場所を聞いて、いざカンポ ディ フィオーリへ!
日常生活が垣間みれて楽しい♥
とくにこの野菜を切る調理用具を売るおじいさんが秀逸!
d0092439_764183.jpg

このおじいさんは実演販売のみの担当だったらしく、「ください」って言ったら、違う兄ちゃんを指差された。
商売っけなし!ただ実演がたのしくてやってるのだろうなーと思うと面白くて笑えた。
他にも活きのいい野菜、お花、サラミやチーズ、ドライフルーツのお店など、
この市場はこんじんまりしていながらも、
観光客と地元客が違和感なくとけ込める品揃え。

d0092439_924588.jpg

さてお次は、カンポディフィオーリからほど近いナヴォーナ広場へ。
楕円形の広場に白い彫刻と噴水が綺麗だ!
彫刻と同じポーズで写真を撮り、
こずガイドで納得した気分になって(彼女が地球の歩き方を読む事である)、
次はコロッセオ!

てくてく歩いて行くうちに、あっちの道が可愛い、このお店素敵、
ここのジェラート美味しそうと、この階段ながい!登ってみよう!とあっちにこっちに寄り道。
これが知らない街で歩く時に楽しいんだよねー。
私はこういう旅のスタイルが好きなので、
それを同じ様に楽しんでくれる人だと、旅がさらに楽しくなる。
いわずもがな、彼女も同じ様な様子だったので、楽しさ2乗なのだ。

そうこうしているうちに、腹時計がお昼を告げる。
d0092439_713110.jpg

予定変更、カルボナーラが美味しいと事前に調べておいたお店に行く。
d0092439_7195487.jpg

そこまでにたどり着く道がこれまた素敵で、
あっちこっちパシャリパシャリ。
モデルになりきって写真をとってみたり(笑)。
欧米人の人たちは、このモデルなりきり写真をよく撮っている。
最初は「え!恥ずかしくないんかな」とか思ったけど、
いざやってみると楽しいものである。やはり照れは隠せないが。
まだまだ修行ですな(なんのや)。

さて肝心のカルボナーラとローマといえばのアマトリチャーナは、
暖かい雰囲気のお店とカメリエーレの人柄もあって、
すこーしアルデンテすぎながらも、大変美味しかった。
が!多い!多すぎる!たった4ユーロのスパゲッティなのに・・・。
なるほど、注文の際もう一皿別のものを頼もうかと思ったら、
お店のおねえさん「パスタ食べてからにしなさい」と言った理由がわかる。

ふくれあがったお腹を抱えて、こんどこそコロッセオとフォロロマーノ!
d0092439_775570.jpg

コロッセオは夜来た事はあったけど、中は初めて。
そこで古代ローマ時代行われていた事や、それを娯楽として楽しんでいたという事に、
人とはなんぞや、と考えてしまってすこしげんなりするけれど。
それでも、重機もない時代にこれだけの建築物を作れる事に本当にただ驚く。
そしてそれが2000年以上の時を越えて、今もこの大都市ローマに残っていること。
心地よくコロッセオ内に吹き抜ける風。
この風はきっと2000年前もかわないんだろうなって思う。
さらに人とはなんぞやと考えるに至る。
人という愛すべき魅力と相反する残酷さに満ちた種族。答えはまだ私にはわからない。


と思想にふける間もなく、お次はフォロロマーノ!!
ぶらぶら寄り道の時にみたフォロロマーノは意外と小さいんだな、って思ったけど
実際はもっと広くて迷子になるくらい。入り口すらわからない。
なんとか入り込んだものの、見たい所はどこ!?
沢山歩く。お腹もどんどん消化していく。いい感じ。

そして最後はローマと言えばの真実の口!
ここに来たら絶対やろうと決めていた、ローマの休日ごっこ(笑)
グリゴリーペックに扮する私と、それに驚くオードリーヘップバーンの彼女。
これを実現した事に満足して、
肝心の手を口の中に入れ忘れるというミス(笑)もあり。

もう一日中歩きに歩きまくったので、さすがにヘトヘト。
そんなにホテルまで遠くないけれど、一日有効券もあるし、バスで帰る事にした。
あ、きた! がバス停を素通りして行ってしまった・・・。
d0092439_717820.jpg

どうやらバス停とおぼしき場所がバス停ではなく、
50メートルほど離れたこのLOSTと落書きしてあるこの標識がバス停だったらしい!
d0092439_744139.jpg

わかる?これわかると思う?一般的に。
本当に失われているよ、このバス停。
真実の口付近からバスに乗る方はご注意くださーい。

さてホテルについて一休み。
夕食は友人の紹介の店に行こうかと思ったけど、
バスで40分かかるとのこと。
疲れているし近場で・・・と思ったけど、これがなかなか難しい。

とりあえず明日はバチカンに行くため早起きしないといけなかったので、
おしゃべりしたい気分をおいておいて早めに寝た初日のローマでした。
[PR]
# by ayakaze0109 | 2011-10-11 06:56 | viaggio*旅*

ローマの空と近況

d0092439_23193471.jpg

ローマ空のある風景で今回は統一してみます。

更新頻度おちまくりですみません。

9月になったら暇になるかなという推測でしたが、
思ったよりお客さんが減らず(・・・いえいえいいことなんですが)、
夏をひきずったままモリモリ働いてます。
さらに引っ越しして、ネットがまた使えなくなっちゃったので、
ブログそっちのけでした。

d0092439_23202777.jpg

さてこちらイタリアトスカーナマレンマ地方は、
9月末になっても相変わらず暑い日が続いています。
夜はやはり半袖では寒いですけど。
こんな年は初めてだ、とカメリエーレのお言葉。

雨も少なくおかげさまでキノコの王様と呼ばれる
フンギ・ポルチーニ氏が未だに入荷しておりません。
他の地域のはあるんでしょうけど、
お店では近郊でとれたものしか使わないので、仕方ないですね♪
(掃除が大変なので来ないなら来ないでうれしい)

d0092439_23223839.jpg

先週は大学ボート時代の友人と、妹姫が日本からはるばる遊びにきてくれました♥
こ、こんな田舎で何ができるかと思ってましたけど、二人のおかげでよさ再発見でした。

そしてローマもイタリア在住1年半にして初めてまともに観光しましたけど、
いい。いいじゃないか!!やっぱりローマはローマですね。
いろんな意味で惚れました。ローマ。
そのうち色々アップします。そのうちね、そのうちそのうち・・・。


とはいえ来てもらうのに時間がかかって大変申し訳なかったです。
次回の働く所は、せめてもう少し交通のアクセスのよい所にしようと思います。
最寄り駅から車で1時間(バスはない。あっても早朝のみ)とかは避けたいね・・・。

そうそう私のここでの生活も残りわずかになってきました(のはずです)。
次は南に行きたいな。南は食材がおーいしい!から。

d0092439_23223687.jpg

でもその前に少し休息したいなって思ってます。
ちょっと今年の夏は仕事ですり切れてしまったので、
すこし自分を取り戻す時間が必要かな。

休みは仕事をするために必ず必要ですね。必ず。
バランスバランス。
[PR]
# by ayakaze0109 | 2011-09-30 23:23 | diario in italia*日記*

ワインの9月

d0092439_741354.jpg
忙しいの間違いなし!といっていたのに、
とーっても暇な金曜の夜でした。そんな訳で更新します。
前の日記、深夜に書いたからテンションがおかしくてちょっと恥ずかしいけど、
何かの記念においときます。

さて、今開催されているSettembre di vino(セッテンブレ ディ ヴィノと読みます。意味は題名のワインの9月)というお祭りは、私が今住んでいるピティリアーノで最大のお祭りです。
カンティーナと呼ばれる地下に掘るワイン貯蔵庫が一般公開中!
ピティリアーノはtufo(トゥーフォ*凝灰石)という柔らかいこの周辺で採掘される石でできています。
2000年以上も前に作られたエトルリア人が作った街ですが、この柔らかい石故に、地下に貯蔵庫を作る事ができるんです。実際もぐると深くて深くて、戻ってくるのが大変です。
年中を通して12度を維持できるナチュラル冷蔵庫。ワインの貯蔵にピッタリ。
まぁ地元人ピティリアネーゼはそんな事どうでもいいような感じで、
1年に1回、懐かしい顔を合わせてわいわい飲める日って感じで、みんなうかれてます。

そんなお祭りですがなんだか人手が去年より少ない気がします。
去年は人ごみで動けなくて「もういやー!」って感じでしたが・・・。明日に期待しましょう。レストラン的に最後のもうけ時やのに・・・。
なんだか去年と比較しながら街を歩いていると、「ここにきて1年すぎてもてんなー」ってしみじみ。そして街のお店や飾りが去年と何一つ、本当に2010が2011になっただけやん、ってくらい何も変わってなくてビックリした(笑)去年と今年用にビフォアーアフター撮っておけばよかった!
でも私自身は去年とは一緒にいる人も変わって、ワインを飲む量も変わって、
今朝はイタリア初二日酔いを久しぶりに味わいました。
今日は仕事が早く終わったけど
「アヤコー!飲むぞー!、なに?行かない?なんでだー」の声を振り切り、お家に帰る。

やっと時間に余裕ができて、そしたら心の余裕もできて、
レシピまとめたり、イタリア語勉強したい!(8月皆無・・・涙)
わざわざ毎日深夜までガンガン流れるクラブミュージックの中で
お酒のんで疲れたくないやーい!そんなの私好きじゃないもん!

とりあえず、今日はあとレシピをちょびっとまとめて、寝る!

おやすみなさーい!
[PR]
# by ayakaze0109 | 2011-09-03 07:46 | diario in italia*日記*