イタリアから彩りの風便り


by ayakaze0109

<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

日本に

d0092439_02589.jpg
戻りました。
そしてパソコンが壊れました。
ぬぉぉぉぉぉ・・・・・・・・・・・・・・!!!!

取り急ぎ。
[PR]
by ayakaze0109 | 2011-03-29 00:02 | informazione*お知らせ*

今の私にできること

すみません、コメントやメールの返信が遅れています。
このブログをみてくれて、被災地から連絡してくれた友達や
情報を教えてくれたみなさん、本当にありがとうございます。
大変な時にこんなしがない私のブログをのぞきに来てくださってありがとうございます。

地震の当日もそして今も、レストランで働いています。
当日は特に「なんで私こんなとこでウズラさばいてるねん」って
自分のふがいなさにイライラしていましたが、
例えば私が被災地にいても、なんの役にもたたないどころか足を引っ張るだけですね。
今は必死でプロの人たちが、冷静に戦ってるから。
私も今は自分の出来る事を淡々と。
たとえば、いつかこのウズラをさばく事が何かに役立つかもしれない。
イタリア語を勉強することが、被災地で辛い思いをしているイタリアから来た人の助けになるかもしれない。
私が今冷静に料理を学ぶ事で、いつか今は悲しい思いをしている人を笑顔にさせてあげれるかもしれない。

何ができるなんかなんて今はわかんないけど、
今はただ、今すべき事に集中しよう。
それがきっといつか何かの力になる。
そんな気持ちで、イタリア生活ラスト2週間を過ごしています。

3月28日に日本に戻ります。
[PR]
by ayakaze0109 | 2011-03-18 02:22 | diario in italia*日記*

祈り

今回の地震が起こったのは
私がちょうど一年前、イタリアに発つ前に5年間住んでいた所でした。

荒浜、若林区、閖上、仙台新港、陸前高田、釜石、福島第一原発…
シーカヤックやサーフィンで海辺で遊んでいたから、
海辺の地域はみんなよく知っている。
だから大切な友達もたくさんいる。そして未だに安否がわからない。
私よりももっと連絡をとるべき人がいて、
電力が限られていると聞いていますので
極力連絡を控えていますが、本当に心配です。

ニュースを見るたびに血の気が引きます。
イタリアから帰ったら、また住みたいと思っていたくらい大好きな場所だったから、
本当に苦しい想いでいます。

こんな異国の地に、なんで私はいるのだろう。
募金をすることしか今の私にはできない。
そして祈る事しか。

すでに多くの人が亡くなっている。
ひとりひとりに大切な人がいて、想いがあって、夢があって…。
どうか、みんなが無事でありますように。

帰国を少し早めました。
私が帰るころには民間のボランティアも必要になると思うので。わかりませんが。
正確な情報を入手するようにして、少しでも力になれるように…。
[PR]
by ayakaze0109 | 2011-03-13 01:45 | soliloquio*独り言*

近況

d0092439_1165410.jpg
St.Valentino、つまりバレンタインデーにもらった花束。イタリアではバレンタインは女の子が男の子にチョコを贈る日ではなく、恋人の日で、恋人同士で贈り物を贈ったり食事に出掛ける日だそうです。日本のクリスマスみたいな感じ?レストランは大忙し

最近更新が滞りがちなのは決してブログに飽きたから…ではなく、
家のネット環境がとうとう崩壊してしまったためなのでした。
我が家では全くネットを使う事はできなくなっちゃいました。くすん。
今は仕事の合間を縫って友達の家の無線を利用してます。

アグリで働かなくてよくなったので、しかもネットもできないので時間がある今日この頃。
そんな訳でイタリアに来る前に兄に勧められた
塩野七生の「ローマ人の物語」という本を強硬で読み進めています。

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) 新潮文庫

塩野 七生 / 新潮社

が、これが面白くて。まだ2巻だけど(40巻まである模様!)。
私が今住んでいる「崖の上のピティリアー」がなぜ崖にあるのかとか、
トスカーナではよく聞くエトルリア人とはなんぞや、とかそんなのもよくわかって
全然好きじゃなかった歴史なのにかなりおもしろいです。
勉強にしちゃうと語学も歴史もつまんなかったけど、
実感して楽しむとこうもおもしろくなるのかと。

この自由時間を利用して私が最近ハマっている事がもう一つ。
[PR]
by ayakaze0109 | 2011-03-08 01:59 | diario in italia*日記*