イタリアから彩りの風便り


by ayakaze0109

カテゴリ:reccomandazione*おススメ( 10 )

d0092439_1293888.jpg
誕生日にレストランのみんなからもらった淡水パールがベースのネックレス。貝でできたミニチュアのティーセットがついています。一目見たときに「かあわいいいい」と日本語で叫びました。今回の写真は全て自室で撮影しましたがアクセサリー撮るのって難しい!ヘタクソ写真の言い訳を先にしておきます

さて先日の引き続き本日もファッションの話を。
珍しいですよ、こんな事もうないからね、きっと。
でもこれはどうしてもここに書かないといけんのです。

d0092439_1294368.jpg

私がこの題名にあるLA PIETRA STREGONIAのアーティスト(と勝手に御呼びしている)、アレッサンドラさんとお会いしたのは時間をさかのぼり2011年の8月。
La pietra stregoniaは直訳すると、魔女の石。
魔女は魔女でも素敵な魔法使いのアレッサンドラさんのおはなしです。

8月はイベント満載のピティリアーノ、
その中でも1ヶ月という長期間、MOSTRA MERCATO(日本語訳だと展示即売会でいいのかな?)が行われていました。
連日の仕事でへとへとの時、それでも夏を少しでも感じたいとそこに行ったのが彼女との出会い。

多数のブースの中に、
アクセサリーを中心とした素敵な展示がずらり!
あまりにも好みで、でもお値段が張りそうな素敵なアクセサリー。
d0092439_1293818.jpg

話をしてみるとアンティークの石やブローチ、素材を使っているとのこと。
値段を聞くまでもなく「こりゃ高いやろうな、買えんな」と思い込む。
でも手書きのイラストが書かれたキーホルダーはお手頃なお値段。
まずは自分にと1つ、その後日来る友人のお土産に一つ、またその後に妹用にと結局沢山のこのキーホルダーを購入。
毎日通っている(笑)うちに、やっぱりステキなアクセサリーを買いたくなる。
なによりこの8月、休みもなく働いているからお客さんのチップだけでも結構な額を稼いだのである。それに買い物にもいけてないし。
d0092439_1294159.jpg

自分へのご褒美のつもりで、アメジストがふんだんに使われたネックレスの値段を聞いてみるとたった30ユーロ!うそっ!思ってた価格の半額以下やん!!もちろん「もっと高くしていいと思う」といいながら購入。

これまでの経緯を通して、すっかり顔見知りになったアレッサンドラさんと私。
「近いうちにお店をピティリアーノに出したいと思っているのよ」と彼女。
「それが実現したら、間違いなく私そこにすんじゃうよ」と笑いながら答える。
展示会最終日はハグしてお別れ。・・・とそこでこの話は終わりそうなのだが・・・。

2ヶ月後の10月。
仕込み中、レストランの前のこれまで空きだった貸し店舗が改装している事に気づく。
d0092439_1372633.jpg

なんのお店ができるんやろーって、なんとなく覗いてみると、
「・・・このネックレス見た事ある気がするけど・・・もしかして」
と思ったその瞬間、お店の中から、

「アヤコー!!!!!」
「!!!!!」

と感動の再会を果たしたのでした!
本当に二人であまりの驚きに涙ぐみましたから。
まさかレストランの真正面に開店するなんて!
彼女もまさか私が働いているレストランの前で開店するとは思っていなかったらしく。

一緒に展示会で手作りの布製品を展示していたロマーナさんと一緒に
共同出資したそうで、本当にそれはそれはステキなお店が10月末日オープン。
その後も私はレストランの合間、ちょっと疲れた時、ふらふらと吸い寄せられるようにいつもお店に立ち寄るのです。

d0092439_1294987.jpg

好みだとか、キレイだ、とかだけではなく、愛をもって作られた彼女の作品は私にとって癒しです。
あの空間にいるだけでどれだけ癒される事か。

毎月お給料が出ると、1つだけお気に入りの何かを買っていました。
11月人手が減り少しお店を閉めていた後、
久しぶりにお会いしたとき「アヤコにピッタリだと思って!」と
d0092439_23152810.jpg

"Le Chef"と書かれたものすごく可愛いブローチをプレゼントしてもらいました。
お店のみんなもすっかり私が彼女のファンだと知り、
誕生日には彼女の作品たちを贈っていただきました。

そんなこんなで私の家には今彼女の作品がいっぱいあります(笑)。
ネックレス5個、ブレスレット、指輪、ブローチ各1個。
ピアスは穴がないから無理だけど、あまりにも可愛くて、何度「穴あけたい」と思った事か。

d0092439_1291420.jpg

それともう一つ私の大好きなポイントは
アクセサリーをしまう袋も手作りで作ってらっしゃるんです。
布もが大好きだというアレッサンドラさんは
小さな巾着を手作りで作ってらっしゃるんですが、
これがまた可愛い!好きなアクセサリー一つに対して1つもらえます。
その上、その後も使えるデキル子たちなんです!
コンピューターの電源入れや、イヤホンなどのこまごましたもの、
ひもをつけかえて、首から下げるパスポート入れに改良したりしました♪

これからも増えるであろうLA PIETRA STREGONIAの作品たち。
皆さんももし興味があれば是非足をお運びください!
彼女たちはローマにすんでいるので
秋冬は週末だけの営業、現在から3月までは長期休暇、
夏のバカンス時期には連日オープンするとの事です。

他にもピティリアーノにはこだわって丁寧に作ったモノたちが、
お手頃価格で売られています。
革製品、手作りのかばん、家具、ナチュラル化粧品などなど。
ご飯も美味しいものが食べれますよ。

ブログもあるのでこちらもチェックしてみてくださいね。
イタリア語がわからなくてもすてきなアクセサリーを見ているだけでも癒されます。

La pietra stregoniaブログ

[PR]
by ayakaze0109 | 2012-01-26 23:17 | reccomandazione*おススメ

super dry

d0092439_6222212.jpg

こちらはベルギーはブリュッセルで遭遇したsuperdry直営店。よくみて!何かへんでしょ!?

今日は今まで自分の分野では全くなかったお話を少し。
それはファッション!

イタリアに来てからというもの、
ヒールのある靴はすっかりさようなら。
今持っているのは全てスニーカーもしくは山ブーツ。
服はジーパンにパーカーといういでたち。
そんな私が何を語るのかというと、
ちょっと面白いブランドに出会ったからなのです。

d0092439_6301798.jpg

それはスーパードライというどこかの国のビールかと一瞬勘違いしそうになる名前。
しかし・・・極度乾燥・・・?スーパドライを訳してるのか??
しかも(しなさい)!?なぜカッコ!?!?
さらにこのデザイン!

d0092439_1211851.jpg

そう、日本語や日本の地名などがデザインとして使われているのです。
しかし・・・これ、絶対日本人が作ってる訳じゃない。
だって、ほら・・・。海賊ラジオ・・・。まあわからんくもないけど、なんで・・・。
d0092439_122509.jpg

あ、ごめんなさい、こっちは意味わからん、会員証どうしたん。
d0092439_6302582.jpg

堅い・・・天候会社って・・・書いてあるんかな・・・、堅いんかぁ・・・。堅い・・・。

実はこちら、日本ではなくイギリス発祥のブランド。
外国の人からみた日本語のデザインとしての面白さを利用しているのかなって思います。
もしこれがぺらぺらの安い感じなら、よくある感じの「あーあ、残念(苦笑)」なんですが、
この服、ものすごくしっかり作ってあるんです。
実は私もあまりのしっかりした出来とデザインの可愛さに買ってしまいました。
さすがにへんな日本語どーんっとしたのは勇気がないんだけど・・・。
ここまで書いておきながら言うのもなんですが、
着た感じも最高にきもちいいし、可愛いし、
アメリカンカジュアルな感じで、今の私にぴったりなのです。
ええ、大好きですsuperdry。

そういえば、私の英語が書いてあるTシャツも
イギリスの人に「意味がわからん」って何回も言われたなー。
私たちにとってはデザインとしての英語なんですよね。
この日本語も外国の人たちからみたら一つのデザイン。
すでに日本語を言語としてとらえている私たちからしたら不思議ですが、
彼らからしたら、デザインになりうるわけですから面白い。

外国の方による日本語を使ったデザイン。
日本の人からしたら賛否両論もありそうですが、
私個人の意見としては、
日本人がすべきだったビジネスチャンスだったにではと思うと同時に、
私たち日本人には表現できない世界を、
日本語を使って表現したという事にただ感心してしまうのでした。


superdryサイト

[PR]
by ayakaze0109 | 2012-01-19 00:59 | reccomandazione*おススメ

異国に住んでいると新たな発見があるものです。

よくあるのが、あ、この人イタリアの人だったのね、とか
この歌イタリアの歌だったのね、なんですが、
だんだんそれが溜まってきたので、ちょこちょこ公開していこうかと思います。
もしかしたら私だけかも知れないけど、そのときは
「知らんかったーん、へー、ぷっ」で流してくださるとありがたいです。

さて先日アマルフィに行った際、
ヨーロッパの言語案内に混じって、
最後に日本での案内が書いてあることに疑問を覚えた同行してくれた男の子。
「多分数年前に日本で「アマルフィ」っていう映画があったから日本の観光客が多いんじゃない?」と言うと、早速この映画を探して来てくれて、先日見ておりました。
すると、サラ・ブライトマンのTime to say goodbyeが流れてきまして、
よくよく聞いていると、イタリア語なんですよ。あのサビの一部を除いて。
んで、あたしが感動して「これイタリア語なんだねー!しらなかったよ。サラ・ブライトマンってイタリア人なの?」ときくと、きょとんとした様子で「違う」という彼。

映画終了後、すぐに「アヤコ、これ見ろ」と出されたのはこれ!

「con te partiro」という、盲目の彼Andrea Bocelliの歌うこの歌がなんとオリジナルだったのでした!
(partiroの最後のoには、チョンっと頭にアポストロフィみたいのが付きます。私のパソコンじゃ入力できません)
「しらんかったー!」という私を横目で見て「ばーか」と日本語で言ってくれたこの彼。
・・ぬぬっ!そういう言い方はないんじゃないの!?

その後、仕返しとして、
「でも、この映画って変だよねー。イタリアの人だったら、あんなピンチのときおちついて、「動かないわ」「使えない」とか言わないよねー。(ネタバレになると困るので、何がかは伏せときます)絶対にパルラッチョ(汚い言葉たち)連発で、大暴れだよねー。eh!?」といってやったら
「ははは、そーだよねー。あんなイタリア人いないねー。普通ならこうだね!」とありとあらゆるパルラッチョをジェスチャー付きで連発してくれました・・・。言うんじゃなかった。
本当に日本語訳にする事も出来ないほどなんです。なぜその単語をセレクトする!?もう子供の喧嘩レベルですよ。
私信じてます・・・、パルラッチョを言わないイタリアの人がいる事を・・・。

2年目って結構マイナス面が見えてきて、嫌になると言いますが、本当に今そんな感じです・・・。
私の今いる環境だけでありますように・・・。
あぁー。basta parlaccio......(もうパルラッチョはたくさん)

最後にお二人が一緒に歌っている動画を・・・。美しいです・・・。

[PR]
by ayakaze0109 | 2011-07-01 22:42 | reccomandazione*おススメ


以前お伝えしたオルト
パーマカルチャーの考えに基づいた畑ですが、
sant’egleでこのオルトを作る過程をまとめたフィルムができました!!
といってもイメージの写真が音楽と共に流れる簡単なもので、
全然難しくないです。

これ、本当に素敵なんです。
13人のウーファー達が頑張っている様子と
美しい自然がご覧いただけます。
私はレストランの仕事の関係で実作業には1日しか参加してませんので
ほとんど映ってないですが、何故か最後の方のイメージ画像にちょこっと出てます。
(しかもこの一日はどうしても作業に参加したくて、仮病を使いました…。
私が何を学びに来ているかを考えたら、これは必要な嘘だと判断。
「私明日病気になる」と言った時のみんなの盛り上がりがうれしかったです)

イタリア語で分からない所もあるかもしれませんが
わずか数分ですので、ご覧頂いてもらえるとうれしいです…!!!
[PR]
by ayakaze0109 | 2010-11-25 05:38 | reccomandazione*おススメ
d0092439_341667.jpg
すみません。
急に営業です(笑)

実は今週末ピティリアーノでSettembrediVinoという
ワインのお祭りがあります!!

ピティリアーノの九つのワイナリーがオープンする他、
音楽のイベントもあるみたいです!!
(トスカーナ中のワイナリーがオープンするという話もあるけど)

sant'egleのお部屋も空きがあるので、
ぜひぜひイタリア在住の方は遊びにきてはいかがでしょーか!

最近はどんどん秋らしく気持ちのいい空気のマレンマです♪
ワイン好きの方は遊びに来てくださいね♪

ではでは
[PR]
by ayakaze0109 | 2010-08-31 03:41 | reccomandazione*おススメ

albicocca

この子を愛してます…。

d0092439_22202491.jpg
これ、生のアプリコットです!
ジャムに加工されたものは知ってたけど、
フレッシュなものは初めてみました!

このかわいらしい淡いオレンジのルックスに一目惚れし、
ついつい食べ方もわからないのに買い、
あまりの酸っぱさにがっかりし
気分はさながら一目ぼれした男性がイケてなかった感じでした。

が、この前のフェスタでお家にあったアプリコットちゃんをいただくと、
う…ウマイ!!!
甘酸っぱくて、歯ごたえも固くもなく柔らかすぎず、オイシイ!!
皮ごと食べちゃうのがいいようです。

初めて食べたのは時期が早かっただけでした。

それ以来、切らすことなくこのアプリコットを買い続けています。
夏の果物の様で、この時期はモモ、プラム、ネクタリンなどのフルーツが
店頭の一番目のつくところに置かれいています

見た感じアプリコットが一番人気かな、と。
アプリコット売り場に人がいないのを見たコトがない!
だってこんなにオイシイんだもん。

このアプリコットは最近仲良くなった
近所の八百屋のおっちゃんのとこで買いました。
このおっちゃんとこは、結構いいものが多い気がする。
食べごろのを並べてるようなのですぐ悪くなっちゃいます。
必要な分だけ買うようにしてます。

モモも日本みたいに「じゅわっ」としてませんが、
そのおかげで、モモなどの果物にアレルギーのある私でも食べることができます。
(好きなのに食べると喉がイガイガになっちゃうんですよね~)
モモもいろんな種類があって面白いんですよ。

夏のフルーツ。
今しか食べれないので沢山たべちゃってます。
[PR]
by ayakaze0109 | 2010-07-02 22:19 | reccomandazione*おススメ

WWOOF

d0092439_20152835.jpg
前に少しお話していたWWOOFについて。

WWOOF(ウーフ)とは。
私が説明するまでもなく、
こちらのホームページを見て!って感じなんですが。

WWOOF JAPAN

こちらはWWOOF JAPANのHPです。
有機栽培の農家や、民宿、ペンション、お店などのホストに対して
ウーファーと呼ばれる人が、労働力を提供する代わりに、
宿泊先と食事を確保してくれる、というものです。
最低1週間とか10日以上が一般的です。

ウーファーになるためには年会費を払って
ウーファーの登録をする必要があります。
国によって異なるけどそんなに高額ではありません。
(日本だと5500円、イタリアだと25ユーロです)

d0092439_2016264.jpg
こういう組織が世界中に沢山あって、
特に盛んなのがオーストラリアとニュージーランド。
かつて、ニュージーランドにワーキングホリデーを考えていた私ですが、
その時もこのWWOOFの制度を使おうともくろんでいました。

いろいろ考え方を変えて、イタリアに来ることになったのですが、
イタリアにWWOOFがあるとはさっぱり知らず…
今回Sant'egleを調べて
「イタリアにもあるんだ!」と知ったわけです。

レストランの研修は6カ月までと法律で決まっており、
残りの2カ月を何しようと考えていたのですが、
このWWOOFは渡りに船だなぁ…と。

d0092439_2016475.jpg
他にも興味深いWWOOFは沢山あったのですが、
短期間ではあるけれども一か所に集中した方がいいかな、と思い
今回こちらのアグリツーリズモにお世話になることにしました。

WWOOF制度、全世界中に広がっているだけあって、
色んな国の人とも出会えるようでそれも楽しみです。

ウーフ、興味のある方はぜひご覧くださいませ。
[PR]
by ayakaze0109 | 2010-07-01 20:16 | reccomandazione*おススメ
d0092439_1132330.jpg
これは何かわかるでしょうか。正解は布製の生理用ナプキンです。

旅が終わったと思いきや、実はもう一つご紹介したい事があるのでまだ続きます、回顧録。
トップの画像の生理用の布ナプキン。
こちらは、一度ブログでもご紹介させていただいているRelaxing Program SORA主催の武内ヒロコさんからいただいたのです。ありがとうございます~016.gif
この日、SORAで知り合ったカヤッカーの皆さんが送別会を開いてくれたのです~。
ウレシイ071.gif

d0092439_11223814.jpgd0092439_1124163.jpg

カヤッカーのちこりんと、マッチさんには久しぶりに会ったのだけど、
変わらずいろんな真面目な話やバカ話がとても楽しいウレシイ時間。
ちこりんさんは丸森の香りタップリのギフトを、マッチさんには癒しのオーガニックエッセンスをいただきました。うれしい~!ありがとうございますっ003.gif
ヒロコさんのパートナーのタケさんや、ちょ~カワイイ息子ちゃんのレンタローさんにも会えて、
本当にこの宮城でいい出会いをしたな~って思います。

ヒロコさんとタケさんには、こんな素敵な出会いと経験をさせてくれて、本当に感謝です。
ヒロコさんは一人でグリーンランドにカヤックで一年冒険に行ったり、タケさんもカヤックで韓国まで行ったスゴイ人達なんですよ~!!

そんなヒロコさんが立ち上げたネットショップ+Kotori Works+の商品の布ナプキンがTOPの画像なのです。

男性が結構このブログご覧になっているのは知っているのですが、是非現在の、未来のパートナーさんの為にも読んでみてください~。

More
[PR]
by ayakaze0109 | 2010-03-27 11:32 | reccomandazione*おススメ
25日はランチで、知り合いの方とご飯。
グリーンピア岩沼のホテルの中にあるレストランは
なかなかおいしいとの評判で、そこに行ってきました。

夜は会社の同僚ゆ~こりんに、実験台になってもらって
一時間のヨガレッスンをしました~!!
3月にヨガのインストラクターの試験があるので、
その実技試験の模擬を受けてもらったのです。
内容としては、1時間で初心者でも楽しんで体を動かすヨガ。
しかし一時間って本当にあっという間で、
クールダウンがかなり短かったです…。
ちょっと内容の練り直しが必要。

その後は以前ブログにも書いた
岩沼の隠れ家的レストランAranciaさんへ。
おいしいのにお手頃価格で、とってもおススメです。
私がいなくなっても、友達に行ってもらいたくて、普及活動中。

実はこのお店のシェフがイタリアに留学してたことを聞きつけ、
いろいろとイタリアのコトを教えてもらってたのです。
おかげでいろんな悩みが解決しました。
ありがとうございます。

さて、この日はこんなメニューでした。
ドリンクにサラダ、パスタとお肉料理、さらにドルチェがついてくるプチコースで、2,200円。(ですよね?)

d0092439_2061231.jpg

こちらは生ハムのサラダ。奥にいるのがゆーこりん。

d0092439_2093456.jpg

そしてこちらはパスタ。私がボロネーゼでゆーこりんがゴルゴンゾーラとほうれん草のクリームパスタ。
どちらも生パスタのタリアテッレです。

d0092439_2013782.jpg

メインのお肉料理は、煮込みでした~。
旨かった♪ドリンクはシャンパンにしました。

そして最後のドルチェはこれ!
d0092439_20154176.jpg

カシスのジェラートとハーブのレアチーズ。
それにイタリアへ行く私にメッセージが添えられてたのです!!
「いってらっしゃい!そして幸運を!」(で、あってますかね??)
感動です…!!

本当にうれしかった。
ありがとうございます~!!
ゆーこりんとは気が合うのもありまして、
話が止まらず、深い話もしちゃいました。

ほんと楽しかった!

そしてほんとこのお店おススメですので、
ぜひ宮城の皆様、行ってみてくださいね~!!

Arancia
住所 宮城県岩沼市朝日2-1-6(名取高校隣り)
TEL 0223-22-6393
営業時間 ランチ 11:00~14:30
       ディナー18:00~
定休日 火曜日、第4水曜日
[PR]
by ayakaze0109 | 2010-03-12 20:22 | reccomandazione*おススメ

Al Fiore

「一輪の花」

イタリア語でそんな意味のお店。
仙台の郊外、見晴らしのよい向山にあります。

今日は、私の尊敬する方々と、このお店でディナー。
東北を舞台に、シーカヤック・ヨガ・自然食などを融合したツアーを主催する
relaxing program SORAのヒロコさんと
そのツアーで知り合い、現在とってもアツい町、丸森在住のチコリン。

当初は、市内の沖縄料理屋(ここもちょ~ウマイ!)でお食事だったのだけど、
ヒロコさんはカワイイ息子さんがいて、あまり負担にならない場所がいいな~と思い、
ヒロコさん家から徒歩5分のこちらのお店で。

実は初めて行ったんだけど、
ここが大当たり!!

素材にこだわった
お客様に合わせたイタリア料理がめっちゃおいしいです!

コースにしたのだけど、
とことん、好み、好き嫌い、アレルギーなどを事前に聞いてくださります。
オーダー時にこんな店員さんとお話するの始めて!
私たちは「野菜好き」と予約時に言っていたこともあり、
素晴らしいお料理を堪能することができました!!

写真がないのが残念だけど…(早く届け~k-xちゃん、あ、ブラウンにしました)
うろ覚えのメニュ~。
勝手にメニューの名前作ってます…。

☆前菜盛り合わせ
自家製ミズナと赤い野菜(名前わかんない)のユズオリーブオイル
自家製ベーコンと鹿児島産のタケノコ
根菜のカポナータ
名取産ホワイトアスパラガスのタルタルソース
赤キャベツのザワークラウト

☆焼き野菜のバーニャカウダ風ソース

☆リンゴと仙台白菜のスープ

☆山鳩(ジビエ)と栗のラグー 全粒粉のタリアテッレ

☆スズキと白子のグリル 赤尾アジのソース ちぢみ雪菜とジャガイモ添え

☆チーズとサラミ・ベーコンの盛り合わせ

☆デザート・カプチーノ

以上で¥5,800!!(サービス料込)

んも~、おいしくて楽しくて、
気づいたらPM11:00!!
近況報告したり、怒られたり(笑)、喝を入れられたりしながら、
とんでもなく楽しい3時間♪
最高に楽しい夜でした。も~おなかいっぱいよ。

三日以上前に予約すると野菜のコースもOKだそうです。
仕込みに手間がかかるんだって。

サラミとかベーコンは全部自家製!
パンもパスタも自分で製粉してるそう。
さりげなく砂糖はオーガニック。

すごくこだわってるようだけど、
お店の方々はマイペースに「そうですか?」て感じがまたイイ。

ぜひぜひ仙台付近在住の方は行ってみてください。
あ、要予約ですのでお忘れなく!当日もOKですよん。

ヒロコさん、チコリンさん、またいきましょうねっ!

Al Fiore
住所 宮城県仙台市太白区向山2-2-1 1F
TEL 022-263-7835
営業時間  12:00~14:00(L.O)(予約制)
        18:00~21:00(L.O)
        日曜営業
定休日 水曜日
[PR]
by ayakaze0109 | 2010-01-31 01:09 | reccomandazione*おススメ