イタリアから彩りの風便り


by ayakaze0109

特別が日常に

d0092439_20344434.jpg

これはつい数週間前にあったお祭りinfiorataという時に撮った写真。カトリックの重要なお祭りだそう。また別個にブログアップします♪(とはいえ、営業後に撮ったので、すっかり踏み尽された写真ですが)

親から「ブログではわかりませんが、なんとか生活しているようですね」というメールをもらったので、
ちゃんと最近の生活について書いておこうと思います。

というのも、イタリア滞在が1年をすぎると、
もうここにいる事が「特別」な事ではなく「日常」になってしまったな、という感じでして。
悪く考えると、新鮮に感じられなくなってしまったという事ですね。
んんん、たかだか1年でこの感覚はどうなのだろう。
夏がすぎたら、絶対に居場所をかえようと思っていますが・・・。

実はレストランでの仕事量が2×2倍になっております。
一つ目の2倍は3人いたキッチンの2人が辞めてしまったこと。
要するに「シェフ+私」になってしまいました。
担当外のプリモ(パスタ、スープなど)も最近カバーしているので、
頭の回転がすごくよくなりました。
『このオーダーだと、パンを暖めている間にサラミを切って、あ、その前にプリモのソースの準備して・・・、お、新しいオーダーね。となると・・・・うんぬんかんぬん』みたいな。
一時帰国している日本の子がもうすぐ帰ってくるのでましになると思います。

もう一つは、キッチンに新しいスタッフが入ったのでその指導。
シェフはサービスの時になるとテンパるので、新人の指導などもうそっちのけ(笑)
確かプリモを彼女が学ぶはずが、可哀想に私に教えられているので、アンティパストを学んでおります。まぁ全部できるにこしたことないので、いいんですけどね。
しかし、私の語学力なんてたかがしれているので、
「あれ、これ言ったじゃん!」という事をやれてなくて、
シェフに注意されていて大変申し訳ないな、って事も多々あります。
そんなわけで、最近語学の勉強に再度燃えております。

ちなみに、テンパるシェフはミスも連発するので、そのフォローも大切なお仕事です(笑)

ここで、私の事をよく知っている方は
あの忙しくなると慌てる私はどこにいったのって感じだと思います。
えぇ、周りが私以上にテンパり、自分のミスに対し怒りだすので、私はただ黙々と仕事をせざるを得ないんですねー。
しかし、そんな一言も発さず仕事をこなしていると、一段落した後
「アヤコ、こわいよ」と言われたりします。
・・・ど、どっちがやー!頼むから冷静に仕事してくれー!!!

と思わずにはいられない最近の私でした。
日本で私がテンパれたのは、冷静で落ち着いた周りのみんなのおかげなんだな、
って感謝してます。ありがとう、みんな。
[PR]
by ayakaze0109 | 2011-07-06 20:38 | diario in italia*日記*