イタリアから彩りの風便り


by ayakaze0109

イタリアにつきました*エミレーツ雑記

無事遅れもなくイタリアに到着いたしました。
ドバイの事は次回にまわして、
イタリア2ヶ月ぶりの感想や飛行機について。

今回はミラノの学校に形式上(あまり突っ込まないように)通うので、
ミラノでいろんな書類諸々をそろえないといけません。
そんな訳で、イタリア一日目はミラノの街を歩いて、
書類の準備に奔走しました。一応全部揃った。
でも学校から月曜にきてくれっていわれたので、
月曜までミラノ滞在しないといけない事になってしまった・・・。
早くフィレンツェに行ってお友達に会いたいし、
イタリアの故郷、ピティリアーノに早く帰りたいなぁ。
と、言ってもしかたないので、土日は遠出してみたりミラノでやりたかった事をやろうと思っております。

さて、今回エミレーツ航空を利用してイタリア往復をした訳ですが、
世界最高評価のエミレーツ、どんなものかとわくわくしてましたが、
なんと言うか・・・普通でしたね。すみません。
最近は国際線の飛行機に乗るときミールをいろいろかえて楽しんでます。
一番最初に食事を持ってきてくれるので、みんなが配られる頃には食べ終わったりします。
さすがいろんな国の文化に合わせてたくさんの種類があるエミレーツのミール。
ベジタリアンミールの中にもローフード(生のものだけ)とか、ラクト・オボ(牛乳、卵OK)とかいろんな種類がありましたが、今回はアジアンベジタリアンにしてみました。

はっきり言って、これ大失敗!めっちゃまずい口に合わない。
よくわからんスパイスの風味が、泣かせてくれました。
普通のベジタリアンミールは美味しかったのにな。
隣をみると、美味しそうな和食・・・くすん、日本発の便は通常食にしよ。

ドバイでは約10時間のトランジット。
約4時間ほどの出国をして、街を観光してきた後は
戻ってきて、エミレーツのトランジット用のカフェに行ってきました。
前回はそんなものがあるとも知らずでしたが、
まゆ☆こちゃんと、出発前日にお会いしたHさんに教えてもらったので、必死で探しました。
場所はターミナル3の小さい数字のゲート側に歩いていくと、
バーガーキングがあり、その横に階段があり上っていくとあります。
入り口で乗り継ぎ時間が4時間以上あるかチェックされて、4時間以下だと門前払いされます。
かなりの人がNGで、なんだかちょっと私も悲しくなった。(食がからむと弱い)
私はもちろんOK。こんな感じで美味しくいただきました。
特にスープがめっちゃ美味しかった!!
この情報を教えてくれたお二人、どうもありがとうございました!

さて、ドバイ→ミラノでも同じアジアンベジタリアンの食事だと思い込んでいたので、
上記のカフェでお腹いっぱいに食べたのですが、私に出されたのはローフード。
内容は、にんじん、パプリカ、セロリ、キュウリの野菜スティックとフルーツにパン。
一瞬「あたしは馬か」ってびっくりしたけど、これ本当に美味しかったの。レモンと塩と胡椒かけただけなのに。
これで満足している私が料理の勉強するって変な話だね、とか思いながら完食。

夜の7時をまわってもまだ明るい空。
本を別の場所にいれてしまった私は、やることもなくぼんやりの夕暮れの空をみる。
雲の造形と太陽の色が作り出すアートにしばし心奪われ、シャッターを切った。
ただ広がる大地、空、雲。なんて小さい小さい自分。
人の偉大なる可能性と、自然に対する人の無力さの矛盾になんだか途方にくれる。
小さくて愚かで、だけど何よりも愛おしい人という存在。

ぼんやりと終わる事のない思考を駆け巡らせているうちに、
ふわりと飛行機はミラノ・マルペンサ空港に降り立った。

私はまた1年、この大地で生きる権利をもらった。
何を学び、何を感じ、何を選ぶのか。
きっとそれはわたしがどれだけ挑戦できるのかという事だと思う。
挑戦・可能性・夢・希望、どれも使い古されて、くすぐったくて使うのも恥ずかしい気持ちになる言葉だけど、大切な事だからこそ使われるのだ。

正直な所、1年前の様な新鮮な気持ちはない。
だからこそできる事があると思う。
また語学もがんばろうと思う。
(今日ヒステリックな郵便局のおばちゃんに「あんたどこで勉強してんのよ!」と言われた。く、悔しい!)環境に甘んじないようにしようと思う。

でもこうやって今ここでこんな事を思えるのは、
日本にいる家族や経済を支えてくれている人たちのおかげだ。
やっぱり常に、全てにありがとうなのだ。
家族・友人・私を作り上げてくれた全ての人・事・モノに感謝の気持ちを込めて。
イタリア ミラノの安宿より。
[PR]
by ayakaze0109 | 2011-05-28 00:32 | diario in italia*日記*