イタリアから彩りの風便り


by ayakaze0109

ドバイより愛をこめて

ただいまドバイ、早朝6時であります。
ぴっかぴかでツヤツヤしたドバイ空港の
でーっかいフードコートで一人パソコン中。
こんなぺっかぺかの建物の中にいたら自分も大理石になっちゃうんじゃないかしら、
とか思っちゃうのは多分ちょっと感傷にひたっているせい。

さすが世界のハブ空港。
到着は朝4時半でしたが、お店はほとんどオープン。
まばらとはいえ人もいます。
さて、もう少し日があがればドバイを散策してきます。
まだ暗い上空からみたドバイは
人工的で幾何学的なうつくしさでキラキラしていました。
実際に歩いたらどんな感じかな。

関空から飛び立つときは両親が空港まで送ってくれて、
妹が大阪からかけつけてくれました。
関空は大阪とはいえ殆ど和歌山寄り。遠いです。
仕事後だというのにありがとうね。
この2ヶ月は親のすねをかじって生きていたし、
再途伊に際して、たくさんの援助をしてもらいました。
(もう貯めたお金は使い果たしたのである。)
わがままでやりたい放題の長女に、
きっとヤキモキしていることでしょう。
本当にごめんね。
直接は恥ずかしくていえないからさ。

ありがとう。ありがとう。ありがとう。
[PR]
by ayakaze0109 | 2011-05-26 10:58 | viaggio*旅*