イタリアから彩りの風便り


by ayakaze0109

stanchissima...

d0092439_5165067.jpg
ぬくぬく気持ちよさそうな子猫達。私も君になりたい…。

ねむいー、眠いよー…

いきなりこんな始まりですみません。

レストラン研修がはじまって一週間。
慣れない環境と、ハードな労働時間にstanchissimaとってもお疲れな私です。

レストラン自体はとっても楽しくて、
メンバーもとても親切で、沢山勉強させてもらってます。
昨日はまだ働いて一週間なのにmanciaお小遣いをもらいました!!!
わずかですが、イタリア初お給料です!ウレシイ…。
このお小遣いはオーナーが一括で従業員に渡して、それをみんなで分けるようです。
つまりみんなが私にも渡していいと思ってくれたという事で、
それは本当にありがたいと思う次第でございます。
ただ、お肉料理がメインなので、ちょっと考えるとこもありますが…。
とりあえず年末まではガンバリマス。

d0092439_5172268.jpg
ただこの疲れに関してはどうにかせんといかん、と思っているんです。
というのも、sant'egleの朝食の準備のお仕事で、
私の語学力不足によるすれ違いが発生し、お互いストレスを抱えている状態でした。
先日それをちゃんと話して互いに理解することができたのですが、
てっきり私はこれまで通りクラウディオと2人で朝食の準備をするつもりが、
1人でやらないといけなかったんです。
5時間の労働時間(WWOOFの規則)と1時間の朝食の準備がイコールというのは
本当にありがたい条件なんですが、
朝食の準備のために7時にはキッチンに入らないといけないんです。

お客さんが多い時は夜の1時までレストランの厨房にいることもあった今週。
というわけで
7時~8時まで朝食準備⇒9時~16時厨房⇒19時半~1時厨房

肉体労働系の仕事はした事なかったから、なれるまでの辛抱かもしれませんが…。

でも、自分の身は自分で守らないといけないし、
イタリア流に「自分はこうだからこうする。これはしない」っていう事を
ちゃんと言わないといけないな、という風に考えまして、
とりあえずレストランは10月の平日の夜の時間は休むことにしました。
(研修の労働時間は8時間と法律で決まってるんです。だから全然OKなんですけどね)
勉強とはいえ、本気で働かないと何も得れないと思うのでちょっと本意ではないんですが、
ここはレストラン側の好意に甘える事にします。

2つの事を同時にやれるような器用なタイプじゃない私。
でも2つを手に入れたい欲張りな私。

とりあえず、自分のキャパシティーを考えて今回の選択をしました。
今後はどうなるかわかりません、正直。
この選択がうまく働いてくれれはいいんですが…。

このブログを更新しなかった1週間は働き詰めとはいえ、色んな事がありました。
書きたいんだけどなー。なかなか時間の配分が難しいですね。

とりあえず眠いので寝ます!お休みなさい!!!
[PR]
by ayakaze0109 | 2010-10-20 05:17 | diario in italia*日記*