イタリアから彩りの風便り


by ayakaze0109

ワイン作っちゃった!!!

d0092439_23553690.jpg
うふふ…、私のイタリアに来てやりたい事の1つ・ワイン作りを体験してきました!

前回メッザーノ湖に一緒に行ったフェデリコのお家は、
自家製の白ワインを作っているのです。
そのワインを作る時は是非私もお手伝いしに行きたい!とお願いして、
その日が来たってわけなのでしたー!

朝8時にゾエとお客さんのサマンタ、そして私を迎えに来てくれたフェデリコ。
車で15分ほどの彼のお家へ向かったあと、
なぜかジープに乗り換え、ピティリアーノへ。
d0092439_23561717.jpg
このピティリアーノには、Via cave(採石場の道)という名の通りがあり、
まさにその名の通り、中世からある採石した後の洞窟が連なった通りなのです。
caveは複数形でcavaが単数形なのですが、大量とか無尽蔵って意味もあるみたい。
d0092439_23563775.jpg
自然の中にこんな洞窟がいくつもある光景はなかなかの圧巻。
そんなVia caveを進むとこれまた古い素敵なお家へ到着。
ここに実ったブドウをまずは収穫。

d0092439_23571089.jpg
普通の畑で収穫するもんだと思ってたので、びっくり!
とっても静かで景色のいいこの場所でブドウを摘むなんて…。
自分たちで改装したという素敵なお家も拝見させてもらいました。

その後は、お家に戻り畑で収穫収穫。
ちょっと強面の近所のおじさんとペアになって、
ブドウの木の両サイドから収穫するのですが、
このおじさんの収穫スピードが速い!
負けじとついていってたら褒められました(笑)

その後はフェデリコのお母さん手作りお昼ご飯!
イノシシのラグーのニョッキ。
イノシシと野ウサギを煮たもの、
ポテト、トマト、よくわからない葉っぱの付け合わせなど、
本当に本当に盛りだくさん!!そしてまたオイシイの…♪
イノシシとウサギは先週解禁になったハンティングでお父さんがしとめたもの。
トマトもポテトも葉っぱもそして使っているオリーブオイルも自家製。
なんとニョッキに使った小麦粉以外はすべて自家製!!
仕事が大工さんということもあり、家の内装もすべて自分たちでやったそうです。

有機栽培がどうだとか、健康にいいとか、ロハスだとか
そういうのにフワフワとつられていた私がなんだか恥ずかしい。
彼らはこうやってずっと生きてきたんだ。特別な事でもなんでもない。
そしてそれが今も続いていることがすごく尊い事に思うのです。

さて昼ごはんが終わったら、ワイン作りの次の行程。
d0092439_23573815.jpg
実と茎を分けて、こんな樽に入れてつぶす!
d0092439_23585123.jpg
昔はこれを足踏みでやってたのですが、
これは手で押しつぶしてます。
最後は蓋をして、ぎゅーっとしめて出来る限りブドウのジュースを絞り出すのです。
後はキャンティーナのタンクに移して1カ月発酵させればワインのできあがり♪
あぁ、しかし私本当に太ったな。顔丸い…。

d0092439_2359845.jpg
樽を解体すると固まった皮がケーキみたいにドーンと出てきます。
これは蒸留してグラッパに。
かなりの量なので無駄なく使う知恵なのでしょうね。
グラッパはどうにもこうにも強すぎて、私は苦手です。

雨が午後からは降りだしてあいにくのお天気でしたが、
みんなでおしゃべりしながらのワインづくりは、とっても楽しかった。
ご家族の皆さんともすっかり仲良くなって
「夕ご飯も食べて行きなさいよ」との事でしたが、
サマンタのディナーはすでに用意してるので、丁重にお断りしました。
でも、このワインができる時はまたお邪魔したいです♪

こんな貴重な経験をさせてもらってどうもありがとう♪

私の田舎生活は沢山の人の支えによって成り立っています。
本当に本当にどうもありがとう!!
心から感謝感謝です。
[PR]
by ayakaze0109 | 2010-09-27 23:59 | diario in italia*日記*