イタリアから彩りの風便り


by ayakaze0109

おかえり、そして私の怒りの行く先…。

d0092439_0571688.jpg
帰ってきました―!エリカとアレッサンドロ♪
もともと金曜日ってアレが言ってたので、
だいたい予想はついていたのですが。
後2日、1日と指折り数えて待っていただけあって、
本当にうれしい…。建物自体も二人が帰ってきて喜んでいるように感じます。

なにがこんなに嬉しいかと言うと、
ほんっとうにこの一週間大変だったんです…(涙
朝の朝食の準備、キッチン、ダイニング、お客様のお部屋の掃除、
お客様と自分たちの夕食の準備、
他のWWOOFの世話(申し訳ないけどあえてそう言わせてもらう!!)、などなど。

このブログであんまり愚痴るのもどうかな、と思ってたのですが、
もう、言っちゃいます!!文にしたら面白いかもしれない!!

今いるWWOOFは私含めて4人。
私が2カ月、二人が1カ月、そして新しくきた55歳のシニョーラ。
私は長くいる事もあって、みんなに色々聞かれるのですが、
所詮二カ月。色々聞かれても責任持てません…。
ちょっと自分で考えなさいよ、と返したくなる事の多い事。
「フルーツどこ?」「コーヒーどこ?」「あれはどこ?」「これはどこ」(探して!あるから!)
「ドアは閉めるべき?」(そりゃそうだ)
「カメラもっていくべき?」(自分で考えよう)
「仕事何したらいい「休憩してもいい?」(それは私は判断できない)
頼られるのは大変ありがたいし、
忙しそうなクラウディオに聞くより、私に聞く方が簡単だからというのはよくわかる。
でもね。うーん、もっとみんな考えよう…。

そして60歳のシニョーラと55歳のシニョーラのバトルが激しい…。
そしてとばっちりを食らう私。
「アヤコはどう思う?」と二人のシニョーラからイライラした口調で言われると
ひぃぃぃぃってなります。ホントひぃぃぃぃぃぃぃ!!です…。
またこのおばちゃんがすごいんだ。
「私、今からテルメいってくるからアヤコは夕食つくっといて」
と言って、たった一人でブブンと去っていく…。
彼女は夕食が気に食わないと、絶対に口にしないので、
最近はまだマシなものを作ると判断したらしい私に頼むのです…。
そして都合の悪い事は全部他の人にやらせようとする。
余裕がある時は、「この人すごいなぁ」で済むんですが。
今週のこの忙しさの中では「むきゃぁ!」となる事たびたび。
「はいはい」言ってると、いいように使われるのこっちも必死です。

まぁ、彼女達のいいところは
私が言い返して、言い合いになっても
その後、「ケロっ」としている事です。

d0092439_058598.jpg
そしてそして、エリカが何故クラウディオにあんなに怒ったののか、
しがないWWOOFERの私がこの一週間で理解できたのでした…。
そして私の理解の範疇を軽く越える出来事があり、
私も「ちょっとー!!そりゃないんじゃない!?」と怒ってしまったのです。

エリカとアレは一週間もいないし!
本当にどうなってるのよ!
みんな、みんな、ばぁかじゃないのぉ!!
と昨日、怒りにまかせて2時間ほど家出して(散歩ともいう)
「ばかやろー」と叫びながら田舎道を徘徊したのでした。
そんな姿の私こそが危険に見えたでしょうが。

そして今朝。
アレとエリカに急に「ありがとう」と言われました。
「何が?」と聞くと、
「私達がいない間、Ayakoが沢山働いてくれたのはわかってるわ。本当にありがとう」と。

その言葉を聞いて
私の怒っていた気持ちはシューと消えて、
なんだかウルっとしてしまったのでした。

私って単純。
ただ「ありがとう」って言われたかったのかしら。
単純というか子供というか。バカなのは私なのか??

とにかく再来週からまた新しい環境に飛び込む(と思う)ので、
気持ち新たに頑張ろうと思うのでした。
あ、でもまだ色々と問題が残ってるのであった…。
この話はまた今度。
[PR]
by ayakaze0109 | 2010-09-26 01:00 | diario in italia*日記*