イタリアから彩りの風便り


by ayakaze0109

もうひとつの家族

d0092439_628125.jpg
一番星☆

フィレンツェから帰ってきました!!

久しぶりの都会!!
この二カ月で使ったお金は2万ちょいでしたが、
それと同じ金額を1日で使ってきました!(って大した事ないか)
いきなりお金の話ですみません。

冬までここにいることになりそうなので、あったかい服を仕入れたり、
友達と会って、友達のリストランテにいったり(すごくおいしかった!)、
フィレンツェにきていた新婚旅行中の美男美女夫妻に会いにいったりと
とっても充実!!

今回クラウディオがフィレンツェに行く用事があったので
それに便乗したのですが、わずか2時間半でつきました…。
私が初めて車でここに来た時は5時間もかかったのに…。
慣れないイタリアの道で、確かに迷ったけど2倍も普通かからんよね…。
なんでやろー。そんな訳でそんなに遠くありませんよ、ローマからもフィレンツェからも。

たった二日のお出かけでしたが、sant’egleに帰ってきたときすごくうれしかったし、
エリカとアレッサンドロもすごくうれしそうに私を迎えてくれました。
「クラウディオはどうでもいいけど、Ayakoに会いたかったわー!!」と言ってもらえて
私も本当にうれしい!!(ってクラウディオ…笑)

d0092439_6285996.jpg
さて。さらっと冒頭に「冬までここにいることになりそう」と書きましたが、
その可能性が高まりました。まだわかりませんが。
ですが、ちょと先走ってアレッサンドロに
「まだわかんないから黙っててほしいんだけど、もし私が後1カ月か2カ月ここにいたら、うれしい?」
ときいた2分後にエリカから
「Ayako!2カ月滞在を延長するんですって!!」と満面の笑顔で言われ、
すっかりそういう話になってしまいました。
これだからガキンチョは…黙るという事をしらんのか!!
とはいえ法律の関係でsant'egleでの研修はできなさそうなので
滞在するとしたらWOOFFを使うという事になるのですが。

とにかく私は2カ月延長するということになってしまい
(本当にそうなるかはまだ未定ですよ!)
今日アペリティーボの時エリカから、とってもうれしい事をいわれたのです。
「Ayakoとアレは私にとって子供みたいなものだわ。私たちは家族みたいのものね」
(親にしては若すぎますけどね、エリカもクラウディオも。)
隣でアペリティーボのオリーブとワインを持ってきてくれたピエトロも
「ここはアグリツーリズモじゃなくて、ファミリーだな」と。
それをきいた私とアレは「ねーちゃん!!sorella!」「おとーとー!!fratello!!」とハグ。

私のイタリアでのマイホームは、この美しい大自然に囲まれたマレンマ地方にあります。
こんな素敵な場所を作ってくれてありがとう。
そして受け入れてくれて本当にありがとう。

これからも大好きな人達のために私が出来る事を一歩ずつ…。
そして自分が何をしたいのか、この先どう生きていきていきたいのか、
自分が一番喜ぶ事を、自分だから出来る事を感じていこうと思います。
[PR]
by ayakaze0109 | 2010-09-11 06:29 | diario in italia*日記*