イタリアから彩りの風便り


by ayakaze0109

Fiesole!

d0092439_6471296.jpg
大好きなフィエーゾレ。

フィレーゾレは何度かこのブログでも紹介しているのですが、
フィレンツェのチェントロから7番のバスで約15分で着く丘の街。

私の今住んでいる家から、走ってわずか15分で頂上に着きます。
ボートを漕ぎだしてから、フィエーゾレを走る事から遠ざかっていましたが、
荷作りの余裕ができたので、今日呑気に走ってきました。

やっぱり大好き。
夏のフィエーゾレということで、野外コンサートやお祭りが開催されて、
春先は人があまりいなかったのにとてもにぎやか。
d0092439_6484011.jpg
花も沢山飾られて違う街みたい。

ちょうど夕暮れの時間で、頂上に着いた時には夕日に照らされたフィレンツェを一望できました。
何度も一人で走ってここに来て、そしてこの眺めを見たけど、一度として同じ景色はなかった。
d0092439_6492860.jpg
オリーブの木が成長して小さな実をつけていたり、雑草がキレイな花を咲かせていたり、
生垣のブルーの花がとても美しかったり、太陽と空の色が違ったり。
d0092439_649750.jpg
汗がひいて寒くなるまで、その美しい景色をずっと眺めていました。

そこで自然とこの4カ月の事を思い返していました。

初めてきたのはパスクワの時。風邪をひいていて寒かったな。
オーストラリアから来たという親子と「きれいですね」って話をしたな。
d0092439_6502961.jpg
YukiちゃんとShimと深夜に徒歩でここまできたなぁ。楽しかったなぁ。
でも二人ともフィレンツェをすでに去って、そして私も去ろうとしている。

そんなことにちょっと感傷的になるのは、
やっぱりたった4カ月だけど親しんだこの街を離れるのがサミシイのかな。
最初は好きになれなかったフィレンツェ。
それは私が勝手に作り上げていたイタリアのイメージと違っていたから。

d0092439_650748.jpg
4カ月で私の勝手な理想の街の幻想は、
みんなとにかく生きている、その実感に変わりました。
当たり前なんだけど、私にはその事が愛おしく思います。
日本でもイタリアでも、どこでも、みんな生きているという実感。
その事が私にとっては大切なことなんです。きっと。

幼いでしょうか。まあいいかぁ…!!

また来るよフィレンツェ。
そして大好きなフィエーゾレ。

Ci vediamo presto!
[PR]
by ayakaze0109 | 2010-07-26 06:50 | diario in italia*日記*