イタリアから彩りの風便り


by ayakaze0109

Lingua italiana

d0092439_18281657.jpg
洗濯物の色合いと、壁の色のコンビネーションがカワイイと思いませんか?Volterraの街で。

先日の日記でお話していたTAKAさん、無事研修レストラン先決まりました!
おめでと~!!頑張って早い時期から探していたのを知っていたので、私もうれし!です
私もガンバロ!!

最近は思った事を書きたいので、
学校日記はちょっとご無沙汰してます。

また気が向いたら書きます~。
すみません。

今一番勉強しているのはやっぱりイタリア語。
今はそれほど苦労せず生活できているけど、
後数カ月もすると日本人のいない環境に飛び込むので、かなり必死です。

とはいえ、相当たのしんで勉強してます。

なぜかというと「言語は文化!」を実感しているから。
英語を勉強しているときは、あくまで学校教育だったので
私の乏しい想像力だとそこまで考えなかったのだけど、
やはり現地に住んでいると、文化と言語ってすごく密接だなって思います。

言い回しとか、表現とかね。
たとえばアモーレamore(愛)の国イタリア。
教科書の問題に「愛し合う、抱き合う、見つめあう、キスする」とかが
さらっと、しかも頻繁に出てきます。
この前の授業中に、先生が私と隣の男の子を使い例文を作りました。
Ayako e Shim si baciano(アヤコとシンはキスし合う).
…おいおい、その表現で実在の人物使わないでよ。

他にも動詞の活用で、主語がだれかわかるので省略します。
つまり主語がだれか必ずわかるので、責任が明確になりますよね~。
だからみんな言い訳が上手なんだ、とか勝手に想像したり。

他にも過去の表現がいくつもあったり。
日本人にない考え方なのでそういうのは苦労する。

イタリア語の考え方っていうのは、割と同じ言語系統の英語(だよね?)と似ているので、
英語ができればとてもラクだと思います。
この前のItalianoはイタリア語・英語・スペイン語・フランス語が話せるって…。うらやましい…。

そもそも日本語にない表現を、日本語で考えているのに無理があるのだよね~…。
難しいなぁ…それが今の壁。慣れるしかないのかな~。

同時に日本の文化ってこういう所があるから、ああいう表現するんだなとか
考えるのもすごくおもしろいです。

好きな国の言語を勉強するとすごく楽しいと思います♪おためしあれ。
[PR]
by ayakaze0109 | 2010-05-13 18:27 | diario in italia*日記*